整備工場の役目
整備工場の役目は、その名の通り、自動車の整備、点検、修理を行います。また、指定工場では車検(自動車検査登録制度)をすることもできます。車検の方法は、定期点検整備と検査を整備事業者が行うディーラー車検、それらを利用者本人が行うユーザー車検、業者に代行してもらう車検代行があります。ほとんどの場合は、これから述べる指定工場等で行われるディーラー車検になります。
まず、自動車の整備工場には、指定工場と認定工場という二種類があります。共に国から自動車の点検整備を認められた工場ですが、検査方法が異なります。
参考文献:自動車修理 仙台

指定工場とは民間車検場とも呼ばれ、陸運局の代行という名目で車検のできる場所です。当然のことながら、陸運局と同等の検査ラインを自社に有しています。検査を終えたら、必要な書類を陸運支局に提出するだけで、新たな車検証を取得することが可能です。もちろん、車検のみに限らず、一般的な修理や点検、及び整備などをしてもらえます。ディーラーや車検専門店は、まず指定工場であると考えていでしょう。

認定工場は指定工場同様、点検整備、修理は行えますが、検査ラインを有してはいません。クライアントから依頼があった場合、陸運支局に直接運び込んで検査を受けます。不適箇所が有れば、再度持ち帰り、整備してからの再検査となります。その手間は工場側が負うものですから、直接我々に問題が発生するわけではありません。ただ、そういう事情をふまえた上で、納期の計算に余裕を持っておいたほうがよいかもしれません。
特定部品専門の整備工場の認定申請案内

民間の経営する整備工場が、指定工場として認定されるためには、国の規定するシビアな認定基準に達していなければなりません。最新の検査機器を設備したり、国家整備士を配備したりなど、高価な投資が必要となります。また指定工場の検査は、陸運局で行われる検査の基準より、やや基準が厳しいようです。せっかく指定工場として認可されたにも関わらず、整備不良車を出すことによって、認可を取り下げられてしまう場合もあるからです。
一般社団法人 新潟県自動車整備振興会|新潟県自動車整備商工組合|認証工場について