整体師の資格について
整体師というと、いかにも『本場中国の師の伝統ある教えを受け継ぎました』というような、由緒と実績のあるイメージを受ける方が多いだろう。
しかし整体師の資格は、実は公的には認められていないことをご存じだろうか?

「え、そうなの!?」

と、多くの方は驚かれることだろう。
整体師の資格は、国家資格ではない。
ヨガと筋緊張の関係

この点が、『国家資格』である柔道整復師や按摩マッサージ指圧師との、最も大きな違いと言えよう。
整体師の資格は、あくまで『民間資格』。

明確に定められた基準があるわけではなく、個々の専門学校や通信教育機関、あるいは整体技術を教えた個人が、それぞれの基準に基づいて与えているものなのだ。
だから整体技術を学んだ人が「修了証」や「認定証」を貰ったとしても、それは厳密には本人の技術レベルを保証するものにはならない。

整体師は、公的には無資格なのだ。

それをいいことに、悪質な業者が、整体技術を学んだことのない人間に、『整体』の看板を掲げた店で類似行為をさせる、ということも起こっている。
(勿論違法であり、施術効果は期待できない)
しかし逆に見れば、腕さえ確かなら、たとえ整体業への従事年数が多くなくても、患者に認められる職であるとも言えよう。
リバーサイド治療室 鍼灸 東京 文京区 - 筋緊張緩和・血流改善

そしてそれは、長く整体師を生業にしていても、施術の効果がなければ世間の支持は得られない、ということでもある。

整体師の世界は、良くも悪くも実力主義。
成功も失敗も、資質と努力に左右される世界なのだ。