東京の美容室で働くのは未経験です
転職希望者にとって、その活動を左右する最も大きな条件のひとつが「未経験」という壁です。
そもそも未経験転職という言葉の存在するように、経験の無い職種や業種への転職は、それ自体特殊なことと捉える向きがあります。つまり裏を返せば、転職自体がなんらかの経験を生かすことを前提としている場合が多いと言えるのです。
仙台放送/あらあらかしこ

採用する企業の立場になって考えたとき、あえて中途採用によって獲得する人材に何を求めるかと言えば、やはり「会社にとって利益を生むスキルを持っている」という場合が多くなることでしょう。美容室でいえばやはりそれはカット技術であったりセンス、それからお客さんを惹きつける接客トークなどが当てはまるでしょう。「カリスマ美容師」と呼ばれる人たちは例外なくそれらに関して抜きん出たスキルを持っていると言えます。

実際、転職者の採用の可否を決める大きなポイントのひとつが、即戦力になるかどうかであることは、多くのメディアで語られているところです。

そこには「同系統の新たなスキルを導入することで、既存の社員にも刺激になると同時に、より多様なノウハウを吸収する」という目的も存在します。特にある種の業界においては、個人の持つスキルや人脈そのものを欲して、転職の可否が決まる例も珍しくありません。ヘッドハンティングに代表される転職などは「より優れたスキルや人脈の獲得」の良い実例といえるでしょう。


転職する側にしてみても、それまで培ってきたキャリアが、業務内容の上でも評価の上でも、プラスに働けばそれに越したことは無いわけですし、その分野でさらに高いスキルを身につけていく上でも、自分のキャリアが生かせる職種や業態を選択するのは当然と言えます。

では、未経験転職者を採用する場合は何がポイントになるのでしょう。もちろん、経験がほとんど必要ない「単純な仕事」の場合もあるでしょうし、雇用者を使い捨てにするような職場である可能性だって否めません。しかし、新しくて成長著しい会社が未経験者を多く採用している例もあります。そこには人手不足と同時に、既存の型に囚われない斬新な発想力という、一概に職歴では推し量れないスキルを求める向きがあるのです。

いずれにせよ、仕事を変える以上はどこかの部分において誰しも未経験であるはずです。
その一方で、採用する側が経験者を求める実状も歴然と存在しており、そこにはそれなりの事情があります。

会社がどういった経験を持つ人材を求めているのか、そしてそれは何故かを冷静に読み取らなければ、その人がその会社に採用されることはありませんし、仮に何かの都合で採用されたとしても、その後その職場で満足いく成果を出していくことは難しいかもしれません。
サンモール一番町商店街 Hair&Make EARTH 仙台店