牛タンサラダ
牛タンと言えば、焼肉や牛タン定食を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、牛タンは普通のお肉と同じくらい、様々なメニューの中でその存在感をアピールし続けています。その中の一つがサラダです。牛タンと言えば焼いてご飯と食べるのが一番だと思っていたら、それはとてももったいないことです。レストランでも居酒屋でも、牛タンサラダは色々な調理法をされて人々に楽しまれています。
レストラン|国立西洋美術館

単純な牛タン焼きをサラダに乗せた牛タンサラダだけでなく、例えば、「牛タンハムサラダ」「牛タンハムのマリネ」「牛タン生ハムサラダ」「牛タンと野菜のパテ」など、とてもバラエティー豊かです。牛タンのハムを出す店は結構多く、とても人気があるといいます。噛んだときの独特の食感とジューシーさがさっぱりとした野菜類にとてもマッチし、ビールやワインのつまみには最高の一品となります。もちろん自宅でも牛タンサラダを簡単に作ることができます。


牛タンのスモークを買ってきてしまえば、お好みのサラダに乗せるだけでかなり豪勢なひと皿になりますし、牛タンの薄切りを買ってきて自宅で焼き、それをサラダに載せてもとてもボリュームのある一品が出来上がります。ここでは簡単な「牛タンの韓国風サラダ」のつくり方をお教えします。①まず牛タンの薄切り肉の両面に塩コショウで軽く下味を付けます。②レタスは食べやすい大きさにちぎり、ネギは4~5cmくらいの細切り、ニラも4~5cmくらいに切り、ボールに入れます(ニラもネギも生です)。③②のボールにごま油大さじ3、酢大さじ2、塩・コショウ少々を入れて混ぜ合わせます(お好みで一味唐辛子を入れても美味しいです。

また、コショウは粗挽きの方がピリッとして美味しくなります)。④焼き網を強火でよく熱し、牛タンの色が変わる程度にさっと焼きます。⑤牛タンが焼けたら③のボールに加え、和えて完成です。ごま油の香りやネギの辛味、二ラの香りと味が韓国風の味を作り出し、それらが牛タンの旨みを引き立ててくれ、とても食欲をそそられるサラダが出来上がります。とても簡単ですので、是非お試しください。
周辺観光|ホテルパールシティ仙台 - HMIホテルグループ