ディーゼル車規制を乗り切る
現代社会において、自動車は都市交通や物流の主翼となって活躍しています。人々が文明社会の利益を享受し、豊かな生活を送ることが出来ているひとつの要因として、自動車によるモータリゼーションは欠かすことが出来ない要素です。

しかしその一方で、自動車は地球環境に大きな悪影響を及ぼしました。排気ガスによる大気汚染はその典型的な例であり、特に大都市圏を中心として人口密集地域において、ひときわ顕著です。社会が経済性を優先するあまり、これらの規制に立ち遅れがあったことは否めませんが、今まさにその遅れを取り戻そうと、東京、千葉、埼玉、神奈川をはじめ、大阪、兵庫、愛知、三重などの主要都市において、さかんに規制強化が始まっています。

自動車の排気ガス規制が強化されるなか、国が定めた自動車NOx・PM法などに準拠する排出基準を持った条例が、各都道府県によって施行されています。従来の自動車排気ガス規制は、新車登録を規制する単体規制であり、中古車などの既存車両は対象とされていませんでした。その後、自動車NOx・PM法によって既存車両もふくめて車検登録を継続させないという車種規制が行われるようになり、ここにいたって、規制対象の大部分がディーゼル車となっていき、ついには主にディーゼル車の運行そのものを規制する条例が施行されるようになってきたのです。
廃車はここ

さまざまな要因が絡み合っていますが、日本の自動車社会は既存のディーゼル車を排除しようとしているのは間違いありません。環境基準はこれからますます厳しくなり、規制強化が続いていくことでしょう。補助金制度などがあるにせよ、所有者がなんらかの費用負担を強いられることは今後避けられないかも知れません。近い将来自動車中古市場には、規制されたディーゼル車が溢れかえることだって考えられるのです。
岐阜県 : 自動車二税Q&A

本来、ディーゼルエンジンは燃費性能に優れた内燃機関でした。しかし、それは燃料成分や自動車文化の違い、あるいは国土と人口密集率などによって大きく影響を受けるものなのです。その一方で、ヨーロッパのようにディーゼル車の真価が発揮されている国や地域が存在することも事実です。狭い日本でも活躍するディーゼル車が今後登場するかもしれませんが、今はまだ技術的課題が克服されていないというのが現実でしょう。

既存のディーゼル車は日本のオーナーの手を離れ、その性能を如何なく発揮できる地域や文化のなかにあるべきなのかも知れません。
自動車税Q&A - 広島県ホームページ