体質とわきが
わきがは腋臭症と呼ばれる体質で、日本では疾患としても扱われることがあります。わきがの原因自体はアポクリン腺から分泌される汗であり、その汗が皮脂腺などから分泌された脂肪分、あるいはエクリン腺から分泌された汗などと混合され、さらにここに人体に常在する細菌の分解作用が生じることで、いわゆる腋臭を発する物質が生成されるという仕組みです。

実はこのわきがには、人種間の個体差、すなわち体質が大きく影響しています。例えば日本人の多くを占めるモンゴロイドは、概ねこのわきがが弱く、体臭そのものが少ない体質をもつ傾向が高いと考えられています。しかし逆にこのことが、日本社会におけるわきがへの差別意識を生じさせていることも、一面では事実といえるのではないでしょうか。コーカソイドやネグロイドにおいて、比較的強い体臭が常態であることは、多数派の原理も相まってわきがの一般化を促したかもしれません。つまり日本社会で少数派のわきがという症状が特異であり、結果としていわれのない差別を受けるという流れがここに見て取れるのです。
ワキガ,わきが,多汗症(腋臭症)?神奈川県横浜市 美容外科 しばた形成外科・内科

さて、そんなわきが体質にはいくつかの特徴があると考えられています。例えば、人間であれば運動時などに多かれ少なかれ汗をかきますが、これは主にエクリン腺から分泌されるものであり、酸っぱい臭い(いわゆる汗臭さ)を呈しています。これに対し、わきが体質の人がかく汗は、この臭いとは全く異なる種類のものです。一般的にはネギやゴボウなど、臭いの強い野菜、あるいは香辛料のクミンに代表される刺激臭や、雑巾やカビなどの不快な印象をともなう臭いが表現として挙げられていますが、状況や観測者などの副次的要素が強く、一概には言うことができません。
ワキガ 仙台

臭い以外にも、衣服についた汗染みが黄色く変色する点や、多汗症傾向、女性において腋の下以外から同様の臭いがする(すそわき)など、いくつか代表的な症状が存在し、そのどれもが社会活動を行う上で、偏見や差別の対象となりやすく、本人にとって多大な精神的ストレスを生じさせる原因となっているのです。

他にもわきが体質の特徴として、一般的にいくつか指摘されていることがあります。特に耳垢が湿っていることとわきがとの関連性は昔から指摘されており、わきが症状が顕著となる思春期以前から診断が可能です。しかし、臭いに対する意識は個人差が大きいため、正しい診断は医師に任せるべきといえるでしょう。
ワキガ治療を千葉で探しているなら当院へ|千葉整形美容内科